せきりょう見聞サロン

自然と山をこよなく愛する皆様の情報交換広場です。

★ 当コーナーでは登山、ハイキングツアーの募集は行ってはおりませんのでご了承下さい
なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存
※パスワードは削除する時に使います。必ず4〜8文字で入力してください。

100件中15 (ページNo.1)      ホームページに戻る

世界遺産 三角西港ウォーキング! 
管理人 (秘密♂) @熊本市 10/20(土) 05:15:54 No.20181020051554 返信 削除
50,907バイト 50,799バイト
50,217バイト 50,799バイト
皆さん、お早うございます。
      爽やかな朝迎えています。

さて、昨日は世界遺産 三角西港歩きました。
往路、網田の「日本渚100選」の御輿来海岸展望所に立ち寄りましたが、小潮との事で芸術的な干潟模様は見られませんでしたが、目前の島原が指呼の間でした。

三角西港駐車場から、明治の産業革命遺産を見ながら、旧裁判所跡まで登り上げ、展望所までウォーキング!

ランチは三角の海の幸、えび天、刺身に舌鼓!

午後、高野山へ歩こうとして【食と農の体験塾】に駐車!
そしたら、代表者の方から、おにぎり、ピザ、三角ミカン、コーヒーのお接待受けました。感謝!

ミカン畑縫うように、三角湾見下ろしながらウォーキング!
高野山の天の記(三角点)にタッチし、無事に終了いたしました。

            ご参加の皆様、お疲れ様でした。

九重みそこぶし山! 
管理人 (秘密♂) @熊本市 10/15(月) 05:36:39 No.20181016050112 返信 削除
50,909バイト 50,343バイト
50,492バイト 50,392バイト
皆さん、お早うございます。
  一気に秋めいて、朝晩涼しくなりました。

昨日は九重連山の一角、みそこぶし山へハイキング!
登山口駐車場は満車一歩手前、歩き始めるとリンドウ、ウメバチソウ、アキノキリンソウ、ヤマジノギクが歓迎してくれました。
誰かさんが「ここはリンドウロードです」と!
なるほど両脇に咲き誇るリンドウたち!

軽めのアップダウン繰り返すと一気に展望開けます。
目前に由布岳遠望、湧蓋山、三俣山ほか九重連山、背後に阿蘇五岳がシャープに浮き上がります。
忘れ花のミヤマキリシマ、名残のマツムシソウ、センブリ・・・
「アッ!イワギクあります」「ほんとだ!(@_@;)」
たった一輪咲いて待っていてくれました。

山頂直下の坂登り上げます。\(^o^)/バンザーイ!\(^o^)/
陽だまりの山頂でランチタイム!和食処女将ご参加で!プロのお煮しめ頂きました。

ところが偶然も偶然!yamabousiさんが登ってこられました。
ご参加の皆様も超驚かれ、「偶然ですね!」の連発!
本当にビックリ!ここは通過点で涌蓋山まで行かれた事でしょう。

登山後、歩き足りないとのリクエストで筋湯の小松地獄歩く予定でしたが、通行止めであえなく中止!
登山後の温泉は長者原の『花山酔』!さっぱりして無事終了!

      ご参加された皆様、お疲れ様でした。

1.  yamabousi     10/15(月) 08:25:48 No.20181016050112-1 削除
77,562バイト

おはようございます
昨日は まあ 絶好の山歩き日和、雄大な 広大な じくじゅう連山のロケに最高の山日和でしたよね。
それにしても、何と何と、懐かしい皆様方と嬉しい再会、こう言うことも有るのですね、まるで申し合わせたみたいでした。
久し振りで皆様方の元気そうでお顔を見てこちらまで元気もらいました、おっしゃるように、まさに リンドウロードでしたね
ただ自分達は節穴か、目的の一つだった イワギク、往復とも見失ったようでした、それでも 咲き残りの 九州小米草は何とか
見つけることができました。
また 皆さんの地元、阿蘇の根子岳、高岳など 涅槃像のシルエットが浮かんで、情緒たっぷりの秋の一日でした。
こうして またどこぞでお会いできますように、
皆様方にくれぐれもよろしくお伝えくださいますように。


2.  管理人 (秘密♂) @熊本市    10/16(火) 05:01:12 No.20181016050112-2 削除
50,223バイト

yamabousiさん、お早うございます。
            お写真、有難うございます。

しかし、まさかの再会、再会にしては最高の場所!
あれから、しばらくyamabousiさんの話題でひとしきりでした。
あの日は、最高の登山日和!くっきりと四囲の景観が見渡せ、幸せ気分で歩けました。

>イワギク、往復とも見失ったようでした
野菊が多かったから、一輪のイワギク目立たないですね。
往路気付かなかったマユミのピンク色の実、赤くなる前のツルウメモドキの実も乙なものでした。
ただ、キュウシュウコゴメグサは全く知る由も無かったです。

また是非とも、どこかでお会いしたいですね。
                 必ずどこかで・・・・・

              有難うございました。

一気に秋めいて! 
管理人 (秘密♂) @熊本市 10/12(金) 21:42:27 No.20181012214227 返信 削除
51,150バイト 49,973バイト
50,702バイト 50,432バイト
皆さま、こんばんは!
   結構、冷え込んだ宵、満天の星空です。

さて、今日のウォーキングは高千穂向山地区へウォーキング!
カツラの巨木を見学、ハガクレツリフネ、アキチョウジ、シラネセンキョウお出迎え!
宮崎屈指のパワースポット「秋元神社」神水頂き、厳かに参拝!
こんな寒村に食堂あるんだろうかと思われる所に突然現れる、向山の古民家。
ここでランチタイム!ヤマメの塩焼き、うどん、小鉢に煮しめ他皆さんで召し上がる!
ランチ後、「まろうど」でどぶろく&甘酒各々お買い物!

帰路、絶景ポイント2ヵ所でウォーキング!
高原は肌寒いくらい、一滴の汗も出ないほどです。
アケボノソウ、ジンジソウ、アオベンケイ、アキチョウジお出迎え!こうして遠方でしたが無事に終了!

            ご参加の皆様、お疲れ様でした。

石牟礼道子さまの世界 
福ちゃん 10/9(火) 06:16:12 No.20181010044903 返信 削除
お能の事など何も知らなかった私が、管理人さんのご縁で「沖宮」を観る機会を頂きました。
暗闇の中、薪に火が入り浮かび上がった能舞台、無限の命を紡いだような装束の色はどんなことばでも表現の仕様もありません。
やがて終わるという頃、不思議な空気感の中 雲の動く気配がしました。ポツポツ降る雨!
道子さまの「思い」が伝わった一瞬ではなかったでしょうか。 

     魂を 鎮めてやまぬ 薪能 
           いのちの衣 緋のあざやかさ 

命が海から蘇る・・・水俣の海を見たいと思いました。

1.  管理人 (秘密♂) @熊本市    10/9(火) 12:32:28 No.20181010044903-1 削除
福ちゃん、いらっしゃいませ!
台風接近、しかし、開演の頃は奇跡的に風も雨も止んでくれました。
石牟礼道子様の書き上げられた【沖宮】人間国宝の染織家の志村ふくみ様の能衣装の合作は感動の嵐でしたね。

実は昨日、石牟礼道子様を愛してやまない橙書店の店主へ会いに行きました。
橙書店は6日の公演の時、会場内のテントの中で関連本を販売されていたお方なんです。

やっぱり食い入るように見られて「雨乞いの舞の時、丁度小雨パラリと降って来ましたね」「身震いしました」と・・・・・

      夕間暮れ 能楽堂に 緋の衣装
              囃子のつづみ 天まで届け

>命が海から蘇る・・・水俣の海を見たいと思いました。
      近いうちに水俣の海、ご案内いたします。

    福ちゃん、いつも有難うございます。


2.  yamabousi     10/9(火) 18:08:44 No.20181010044903-2 削除
石牟礼道子さまの世界 ・・・
言い訳になりますが近ければはせ参じる企画でした。
先生の功績は長く語り継がれなければなりません。
遠地におりますと、なかなか水俣にもおいそれと立ち寄れませんが
せめてその思いだけはいっときも忘れられませんから〜
いろいろ思いを寄せていただき、ただただ感謝の思いばかりです
私も帰省の折は そのまま通過することはまずありません、何もなくても往時の思い出を辿って車でですがぐるっと回るのが毎度の
パターンです。ただ当然ながら街並みはその都度綺麗になったりおやっこんなところに新しい道路が・・・また川の近くに有った
警察署が移転して その跡地に幼稚園?保育園?が出来ていたり・・それでも古びた市役所がそのままで 無性に懐かしかったり
水俣って、言葉だけでも気持ちがそこに帰ってゆく私です。
有難うございます。


3.  管理人 (秘密♂) @熊本市    10/10(水) 04:49:03 No.20181010044903-3 削除
yamabousiさん、お早うございます。
新作能【沖宮】は全国で3会場で、京都・金剛能楽堂 東京・国立能楽堂で3会場ともチケットは即日完売だそうです。

故郷、熊本の水前寺公園の能楽堂で公演あり、ラッキーでした。

私は父が新日本窒素(当時の社名)に勤めていた関係上、水俣へ転勤し、石牟礼道子さんの長男のM君と知り合ったのです。
水俣病は当時奇病と呼ばれ、恐れおののいていましたが、後、新日本窒素の工場排水と分かり、その推移を目の当たりにした次第です。
第二の故郷と言っても過言ではない水俣・・・・・
少年時代から青春の思い出詰まった水俣なんです。

yamabousiは帰郷される時はここ水俣通られますし、ごく近いから馴染みある街なんでしょうね・・・

          こちらこそ有難うございます。

新作能【沖宮】観賞! 
管理人 (秘密♂) @熊本市 10/7(日) 05:46:13 No.20181007054613 返信 削除
台風25号の進路により、決行か中止か気を揉んだ石牟礼道子追悼公演の新作能【沖宮】昨日水前寺公園の能舞台で無事に執り行われました。
石牟礼道子さんの一人息子さんのM君とは小、中、高の同級生! いわば親友同士!「お袋の公演あるから行っておいで!」「お袋も喜ぶぞ!」そう言ってチケット送ってくれた。
公演チケット(1万円)は即日完売だそうで、道子様の生前の功績がうかがえます。
原作は石牟礼道子さん、衣装担当は人間国宝の染織家、随筆家の志村ふくみ様

 村々は雨乞いのまっさいちゅう
       緋の衣 人ばしらの船ならば
   魂の火となりて 四朗さまとともに海底(うみぞこ)の宮へ

台風の影響の雨も風も止み、時折、雲間から星も瞬いて・・・・・
お空の上から石牟礼道子様の微笑みが見えたような
               見えなかったような・・・
薪たかれ、パチパチと燃え盛る中、開演、そして終演・・・・・
M君有難う、感動、感動・・・・・

     友情に感謝の夕べでした。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 .. 20 ]  次へ

MiniBBS